×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ケルトコブラのネックレスを探していたら・・・情報!

ケルトコブラのネックレスを探していたら・・・

カテゴリー :ケルトコブラ ネックレス

ケルトコブラネックレスをインターネットで検索していたら、スポンサーサイトの中で「ケルトのネックレス」という宣伝コピーを見ました。

もしやケルトコブラのネックレスでは?と勇んでクリックすると、そこに並んでいたのは「ケルト・アイルランドのシルバーアクセサリー」等を販売しているサイトでした。残念・・・。

でもそこで販売されているケルティックアクセサリーをいろいろ見てみたら、なかなか素敵なアクセサリーが並んでいました。

ケルト十字というコーナーには、ケルトコブラのネックレスにも良く見られるキリスト教の十字架をモチーフとしたネックレスがたくさんありました。
特に私の目を引いたのは「シェルケルト十字」というネックレスでした。少しカーブの付いた十字架の上に、ポップなカラーのシェルを2色貼り付けたデザインは、ケルトコブラの男性的なネックレスとは対照的な優しいムードを持ったものでした。

ケルトコブラのネックレスもカッコいいですが、たまにはケルティックアクセサリーのようなデザインもぜひ持っていたいアイテムのひとつだと思います。

コラム > ケルトコブラのネックレスを探していたら・・・について書かれています。

ケルトコブラ スカルのバックル

カテゴリー :ケルトコブラ バックル

スカルのバックルやリングが流行っていますよね。スカルを使った代表的なシルバーはケルトコブラですが、ケルトコブラのものはかなり高額なので普通の人はなかなか手が出せません。普通の人が簡単に買えるスカルのリングやバックルは色々あります。値段も10分の1くらいのお値段で買うことができます。でもやっぱり、並べてみると一目瞭然ですが、ケルトコブラとは比べ物にはならないんですよね。重み、スピリットが違います。スカルといのは単なるこけおどしではなく、歴史的にもスピリット的にも深い意味があるそうです。メメント・モリ思想。死を忘れるな(覚えろ)。中世欧州において死が身近であった頃、人々はスカルを象徴として死者の存在を刻み、また、自らにおいても、生があれば死があり、死があるから生もある。死ぬという概念がなければ、生きているという概念もない。という死ぬということ、生きるということの意味を考える・・・そんな思想のもと、スカルモチーフが存在するのだそうです。きっとケルトコブラのスカルはそんなスピリットが入り込んでいるのでしょうね。重々しい感じがします。

コラム > ケルトコブラ スカルのバックルについて書かれています。

ケルトコブラのネックレスに合う服は?

カテゴリー :ケルトコブラ ネックレス

ケルトコブラネックレスはシルバーなどの金属製のものだと、レザージャケットやシャツ、デニムのパンツといった男らしさの漂うシンプルで重厚さのある服が似合うと思います。

ケルトコブラを愛用していた芸能人や著名人には、キムタクや永瀬正敏さん、サッカーの中田英寿さんなどがいらっしゃいます。
彼らに共通する点は、色や形の派手な服はあまり着ることが無く、さりげなくベーシックなものを着こなしているという部分ですね。
まあ、その人そのものが商品ですから、着ている服が主張しすぎるのは良くないと思いますが、それ以上に彼らはオシャレのポイントを良く知っていると感じます。

ケルトコブラのアイテムは、素材の良いものをシンプルにデザインして作り上げているものが多いですから、オシャレな芸能人や著名人にウケてきたのでしょう。

そしてそういった落ち着いたデザインの中に、チェーンの付いたウォレットやシルバーのネックレスなどを組み合わせることでチョイ悪っぽいイメージを出したケルトコブラらしいファッションが完成します。

あまり真面目すぎる雰囲気を持った方がケルトコブラのネックレスやジャケットを着用しても、あまりピッタリとは言えませんね。

コラム > ケルトコブラのネックレスに合う服は?について書かれています。